09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

レジ袋もある意味必要

2008/06/07
Image122.jpg
↑生ゴミ捨てには広告を折った箱を使ってます。
ビニール袋や、生ゴミ専用のビニール製の袋は使わないように心がけてます。


6月5日付けの朝日新聞にこんな記事がありました。

「レジ袋の削減で、本当にゴミが減るのか。」

日頃、レジ袋の削減でゴミの減量に努めている私にとって興味深いものでした。

今日はまじめなエコ話。↓
考えてみれば、私は何の根拠もなく「レジ袋削減=ゴミの減量」になると思っていた。ゴミが減れば、CO2が減る。そう考えていた。

しかし、年間で300億枚、数十万トン消費されるレジ袋が、全てゴミになっているわけではないらしい。

私もそうだけど、レジ袋の大半は「ゴミ袋として再利用されている。」のが現状なのです。そういえば、そうだよな。そのまま捨てちゃうレジ袋はほとんど無い。

もし、レジ袋が完全有料化されるなどで無料配布が禁止になったら、多くの人はレジ袋の代用品として、ゴミ袋を購入すると思う。

ふむ。
ゴミ全体に占める、「ビニール袋」の割合は、結局、同じような感じがしてきた。

レジ袋削減の目的は、ゴミの減量によるCO2削減ではなく、石油由来製品の削減によるCO2削減と考え直した方がよさそうだ。

すなわち、ゴミ袋をビニールじゃないものにしなければならないということ。

難しそうだけど・・・・・・・・。

今のようなゴミ袋ができる前は、どうしていたんだろう??

ちなみに私は上の写真にあるように、生ゴミには広告の紙で折った箱を利用しています。野菜は皮を剥いてから洗うなどして、水気がこの箱にたまらないようにしています。でも、やっぱり水気が・・・というときは、中に新聞紙を入れて対処しています。あと、捨てる前に重曹を降りかけて、消臭し、折りたたむようにしてゴミ箱に入れています。重曹の消臭効果は、絶大なるモノではないけれど、けっこう効いてます。

あと、レジ袋以外の石油由来製品の削減に取り組むのも大切。野菜を包んでるビニールとか、お惣菜の発砲トレイ、サランラップ。私は、食事の支度のたびにこれらのゴミの多さにため息が出ます。店頭に並べたり、配送時などに必要なんだろうけど、どうにかならないのかなぁと、考えてしまいます。

日常の買い物で、レジ袋だけが非難されているような気がしてたけど、もっともっと周りを見てみたら改善されるべき箇所はドンドンでてきますね。


ランキング参加中です!↓↓↓クリックして下さい(^o^)//

スポンサーサイト
22:07 まじめにエコ | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
社会のモラルと個人のモラル
結局は、各個人のモラルの問題だと思うんですよね。
今じゃ、無料配布やら、ブランドやら、たくさんのエコバッグがあります。なんか、エコバッグを持ってるだけで「環境に優しいことしています。」みたいな勘違いさんたちが多い気がする。目的をもって使うことが一番ですよね。
会社内のBBSでも話題
会社内イントラにもBBSがあり、そこで話題になっていたエコバッグですがここで1つ話が。

エコバッグを推進するようなイベントで、企業によりエコバッグが配布されていたと。しかし、結局それらのエコバッグのいくつかはゴミ箱に捨てられていたという。

またある人はエコバッグを何枚も持っていて結局ゴミになっているとかなんとかで。エコバッグを薦めるのもいいけど返ってゴミになる例の1つだなあと。

また私の町じゃ可燃ゴミは指定の袋です。不可燃、資源系のものは透明な袋ならOKなのだそう。以前に住んでいた町で役所近辺の区域では可燃ごみは紙袋です。

自治体の取り組みようで方法は変えられる。しかし、コストやら町の方針とかで返られないことが多いのでは。指定袋には料金が課せられておりこれが収集とか処理の費用に回っているんだと思えばそれはそれでいいのかもしれないし。

3Rだけじゃなくて社会のモラルの問題もあるんかなーと最近特に思うね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。