09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

またにてぃーぶるーす

2008/12/08
DSCF0150_convert_20081208114012.jpg
↑がんばってます。

先週金曜日の朝日新聞に、「『完璧な母』に空回り」というタイトルで「産後うつ」についてのコラムがありました。

私は、このコラムの女性のほど重症の「産後うつ」にはならなかったけど、今思い返せば、少しはそうなっていたのかもしれません。

今日はまじめなお話になっちゃった↓
続きもどーぞ↓
産後3週間は実家にいたのですが、何でも自分でやりたがる私は、あれこれとお手伝いをしてくる実母に腹が立ち、よく衝突していました。(当時のブログには、なんとなくソレっぽいことが書いてありました。今、自分で見てみたけど)

自宅に戻った後も、何かと手伝いに来る母親に、イライラしたり・・・・。極力自分からは連絡しないでいたけれど、何かと来る。でも、「来るな」とは言えず・・・。

お手伝いしてくれる旦那さんに対しても、「私がちゃんとやらないからだ・・・。」と申し訳ない気持ちでいっぱいになってた。

泣いたり、ぐずったりでしばしば中断される、家事。

そのたびにイライラ。

夕飯の用意がままならず、旦那さんが適当にレトルトとか冷凍もので済ませてくれているのを見ると「自分がちゃんと用意しないからだ。」と自分を責める。

「育児と家事をしてるんだから、仕方ないよ。」と言われると、そのときは納得する。だけど、しばらくすると「じゃぁ、私は育児と家事がちゃんとできてるのか???いや、全然できてないよ!」と、また自分を責める。

人に甘えることは大事なことなのに、甘えが許される人は、自分の仕事(育児・家事)を完璧にこなせている人だけだと思ってた。

また、産後に完璧なボディラインに戻っている芸能人や、ママたちを見ては、体重が戻らない自分に焦りを感じていました。おっぱいの出が悪くなっているのに、食事を減らしたりして・・・。今思い返せば、当時は、産後2ヶ月。まだまだ全然平気だったのにね。

この新聞のコラムの記者は「仕事をしていた数ヶ月が大昔に思え、世間から取り残された気がした。『考えすぎだよ』と笑う夫は相変わらず深夜帰宅。『何もわかってない。』と心の中で自分を責めた。」と書いていました。

涙が出てしまうくらい、共感してしまいました。

「独り」が苦手な私。3月で仕事を辞め、4月で劇団を休団してからは、ほとんど毎日、旦那さん以外と話さない日々。うちは深夜帰宅ではないけど、この記者の言いたいことは痛いほどわかる。

「外」と繋がりがない自分が、なんだか意味のない存在みたいで、嫌でした。

「たまには友達とランチでもしてきたら?」と旦那さんは言ってくれる。でも、地元とは言え、高校卒業後、約10年も、地元を離れていた私には友達があんまり・・・っていうか皆無に近い。かといって、独身時代を過ごした場所の友達に遊びに行くのも気が引けた。子連れは気を使わせるだろうし、行けるお店が限定されちゃうし、迷惑がられるかもしれないし・・・。遊びに行きたい気持ちは山々なんだけどね。


今、出産した女性の10~15%が発症すると言われているそうです。

約10人に1人という計算です。意外に身近にいるかもしれない。

産後はどうしても友人や親戚のほどんどが、「赤ちゃん」に興味が行ってしまいます。だけど、産後ママたちは「お疲れ様。がんばってるね。」って言ってもらいたいものなんです。私はよく、「私はあんなにがんばって産んで、こんなにがんばって育児しているのに!!!!誰も、労ってくれないの!!!!???」と大人気ないことを心の中で叫んでました。


今は、そういうネガティブなピークは過ぎたかなぁ。子育てサロンに積極的に参加して、外とのつながりを持つようにしているし、ママ友を少しずつ作ってるし。

うん、自分、がんばってるぅー。自己満足でもなんでも、いいやー。娘は元気に育ってるし、笑ってるし。
スポンサーサイト
11:48 子育て | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
>zoosan
コメント、ありがとうございます。
おかげさまで自分も子供も大病せずに、元気にやってます。
これが一番ですよね。
6ヶ月間、あっと言う間でしたよ。同じ日なんか一日もなくて、日々成長しています。
まだまだ、これからですよね。

>みどりさん
コメント、ありがとうございます。

孤独感・・・わかってもらえて嬉しいです。
なんか、世間から置いてけぼりを食らっている感じがして寂しいですよね。
家の中がピカピカかどうかは、わかんないけど、汚いとイライラするのは確か(笑)
今だけの特権と考えて、前向きにがんばりまーす。
おつかれさまです。
いらいらは気づかないところでくせとして現れてたりしますよね・・・。

多分に姑さんなんかは経験者ゆえのことだから手伝うんだと思うんですが、世間じゃあまりいい話を聞かない中でここまで子供に対して一生懸命に手をかけているみやびはりっぱなお母さんだと思います。

だって子供は元気に育ってますし、見てる限り特に大きな病気にもかかってないし、ご飯はいっぱい食べるようだし健康優良児そのものですよね。

確かにさじを投げてられないことなのでそれが永遠に続くような錯覚に陥っていつの間にか時が過ぎていくのかも・・・。早いもので冬ですけどまだ半年ですからね。
子供が1歳にならないころ、
寝てくれず、あまりに泣きじゃくるので
イライラが頂点に達し
布団の上に座っていた子供を、
布団を引っ張って、すっころばせたことがあります。
今思えば、あれが子供に八つ当たりをした最初で最後の1回でした。
そのあと、我に返りましたけどね☆

社会と切り離された孤独感・・・・
それもすご~くわかりますが、
これから、子供を中心とした社会が少しずつ広がっていくから
あせらずに楽しみましょ♪

わたしから見たら、子供がいるのに家の中をぴかぴかにしちゃうあなたは、すんばらしい主婦です!!!!パチパチ!!
(間違っても、ウチになんか呼べません☆笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。