10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

2007/08/31
RUMLEMON.jpg


焼酎は「米・麦・芋など」
ウィスキーは「大麦・ライ麦・トウモロコシなど」

そして、ラムは「サトウキビ」

蒸留酒とその原料を記してみた。

クリックして更に読もう
ランキング参加中です!↓↓↓クリックして下さい(^o^)//
蒸留酒とは、アルコールと水の沸点の違いを利用して作ったお酒。ただ原料を発酵させただけならワインとか、ビールとかになる。でも、これらはその発酵した液を熱し、先に気化するアルコールだけを集め、液体に戻し、水分を取り除くことでアルコール度数を高めているのだ。

ちょっと難しい話かもしれないが、きっと中学生の理科で「蒸留」という実験はしているはず。それが、原理。

ラム酒は西インド諸島が出身地。

ここんとこ、私はこのラム(ホワイト)のロックにサントリーのカクテルレモンを入れて飲むのにハマっている。多分、レモン果実を搾って入れたほうが美味しいのだろう。だけど、スーパーに出回るレモンはアメリカ産が多いがため、皮ごと酒に入れられない。どーしても、アメリカ産の果物は皮ごと食べられない。

この「ラム+レモン」の組み合わせは意外なところから得た収穫でした。

「ラム」は蒸留酒の中でもまるくやわらかい甘さ、そしてその香り(私のイメージ)から、お菓子作りで頻繁に使われるリキュール。自分でも、チーズケーキを作るときに使っていた。

チーズケーキにはレモンを入れる。
チーズケーキにはラムを入れる。

という、方程式から導き出されたもの。

試してみると、これが美味!!!

ウィスキーほどのクセはないので、ぐいぐい飲めちゃいますが、アルコール度数はウィスキーと変わりません。キヲツケロ!
お酒に強い方は、この組み合わせで楽しんでもらいたい。でも、苦手な人はトニックウォーターか、ソーダで割ってみて。

ランキング参加中です!↓↓↓クリックして下さい(^o^)//

スポンサーサイト
23:56 つぶやき | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
ああ、ラム酒にはまったのね
ラム酒は過去に大学のとき興味本位から飲んだのが最初。
そのときはラムダーク(バカルディ)でしたが、度のきつさに危うくやられるところでした。

ラム酒はアクの強い酒なのでアクの強いものとのカクテルによさげですよね。

だからカルーアラムコーラとかいうのもできちゃう。
私は甘党なのでこっちが好きですが。

レモンを入れるというのは思いつかなかったな。単純なのに。

そういえばチーズケーキがうまそうですね。ラム酒とともに・・・_| ̄|○

管理者のみに表示
« 充電中 | HOME | 石巻土産2 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。