09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

噛まないで

2009/04/21
milk.jpg
↑クリックすると、大きくなります


完全母乳で育てていたので、ミルクというか、哺乳瓶をまったく受け付けなかった娘。

生後8ヶ月ごろにミルクを与えようと思ったが、まったく受け付けず。
調乳しては、捨て、調乳しては、捨てるの繰り返し。
作ってしまったミルクは、もったいないからミルク粥とか、離乳食に使ってた。
ミルク味の離乳食は食べてくれるので、その嫌いな原因は、「味」ではなく、「乳首」の感触なのだろう。

保育園に行く予定がないので、無理に、ミルクに移行する必要はないけれど、そろそろミルクも飲んで欲しいと思っていた今日この頃。

晩酌したいし(笑)

いやいや、違う理由です。

とうとう、娘に上下の歯が生えてきたんです。

わかるでしょ???

↓わかりたい人は、続きをどうぞ
乳首が痛いのです。
彼女は、噛むのです。
「痛い!!」
と、私が声を出すと、「ニヤリ」と笑う。


下の歯だけのときは、そうでもなかったのに・・・・・。

寝かしつけの添い乳のときに噛む事が多い。離乳食が順調なので、昼間の授乳がめっきり減りました。でも、寝かしつけのときはがっつり飲む。

噛まれるのは仕方ないとして、噛まれる回数を減らすにはどうすれば??と考え、ひらめいた解決策。

寝かしつけのときミルクをたくさん飲ませて、寝かしつけのオッパイの時間を短くしようと考えたのだ。

ミルクを飲むだろうか・・・・。哺乳瓶は無理だと思うから、マグマグに入れてみたり、コップに入れてみたけど、受け付けない。

ミルクじゃなくて、離乳食の量を増やしてお腹いっぱいにさせようと思ったが、食事タイムが長くなり、飽きて食べてくれなくなる。

そんなある日、哺乳瓶のミルクを無理やり飲ませようとしたが、飲んでくれず。諦めた私は、それを床に放置。

ふと娘を見ると、

「飲んでる」

自分でごくごく飲んでる。

無理やりがダメだった見たい。
さりげなくが重要みたい。
あと、出来立ての暖かいミルクより、冷めた室温ぐらいの方が好きみたいだ。

なぁんだぁあ。

それからというもの、離乳食の後は哺乳瓶を床の上とか、娘の目に付くところに放置。すると、勝手にごくごく飲んでる。

うれしぃ。

ミルク飲んで欲しいのに、飲んでくれないママ、お試しアレイ。
さりげなく、目のつく位置に放置ですぞ。
スポンサーサイト
23:07 子育て | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。