05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

とうとう、「ママ」ですか・・・

2009/07/06
Image036.jpg

今日、誕生日です。
31歳です。
でも、私の中ではまだまだ20代、な雰囲気です。
人に聞かれたら、年齢を詐称したくなるとか、そういうんじゃなくて、なんだか20代で時が止まってるというか、見た目にも体力的にも精神的にも変化がないんじゃないかなっていう自負でございます。

それって、成長してないってことか??(笑)

旦那様がケーキをご用意してくれました。

上の写真、よぉっく見てください。
真ん中のチョコレートの文字。
とうとう、「ママ」なんて、書いてありますよ。

ケーキは嬉しかったけど、ちょっとコレには凹んだ私。

そりゃ、ママだけどさ。
あんたにとっては、ママじゃないだよ!
っていうか、そういう扱いは悲しいよぉぉ。
いつまでも「女」というか、「彼女」というか、そういう目で見てもらいたい。

でも、私も日々の生活において、彼に「女」を感じさせる振る舞いをしていないのだから、仕方ないか・・・。

昨日は劇団の稽古日だったので、帰宅が遅くなりました。
娘が寝た後、夜中にケーキをいただきました。

さてさて、先週から行き始めた保育園。
予想通りの展開で、娘にとっては波乱な一週間になったようです。
宇都宮市の認可保育園は、通い始めは「慣らし保育」というシステムがあり、保育時間を1時間から始めてるのです。その子の様子をみて、ちょっとずつ保育時間を延ばして、申請通りの保育時間にしてゆくわけです。

この「慣らし保育」、朝は9時から。
9時出勤の私は、もちろんこの時間からでは遅刻です。
なので、働き初めなのに、さっそく遅刻出勤させていただいてます。

7月1日からの三日間で、1時間半まで娘はがんばれるようになりました。

土日を挟んでしまい、今日の月曜日が大変不安ですが、こればっかりは慣れてもらうしかない。

ごめんね・・・と思いつつも、泣き叫ぶ娘を置き去りにしていく母の気持ちは厳しいのです。
スポンサーサイト
07:58 つぶやき | コメント(3) | トラックバック(0)
コメント
自分から作るのはいやなものだ
誕生日は人から祝われたほうがよい。

自分から祝ってもらうように仕向けるとか考えもしない。

他人の誕生日とか、祝い事のために企画するんであればまだしも。

自分自身のことに対して結婚式はまた別だが誕生日のような超プライベートな事柄をいちいち自分から祝ってもらうのは変な話だ。
>zoosan
おひさです。
そういう習慣、独身の頃はなかったですよ。

ないなら、作って見ましょう。

たのしいですよ。
ん~祝われているだけいいと思う。
まだ誕生日の習慣があるだけいいと思う。

そういう習慣がないとそういうものだと当たり前に思えてくるからね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。