09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

石巻に行ってきました

2011/11/27
11月18日から20日に、震災後初めて、石巻に帰省してきました。
お正月ぶりなので、約11ヶ月ぶり。
震災からは8ヶ月。

テレビや新聞で見ていたけど、実際はどうなんだろう。
と、イロイロ緊張していました。

仙台から石巻へ続く三陸道。
震災直後に訪れていた主人が言うには、この道路から見る景色が、もう、無残なものだったと。
私が見た景色は、ただ雑草が茂り、以前からこのようであったと思わせました。
きっと、家や森があったんだと思います。

滞在期間はあいにくの雨でした。
車で日和山に行き、門脇、南浜地区に行きました。

ガレキ処理が進んでいるので、ほんと、なんにもないです。
ぐちゃぐちゃになってるお墓。
私立病院、調剤薬局。
地盤沈下したので、私立病院付近は水浸しです。

たくさんの生活があったのでしょう。

一瞬で消えてしまいました。

津波と火事でそのままの門脇小学校。
他にもそのままになっている学校がありました。

そして、そのまま女川に向かいました。

町ひとつがなくなったみたいです。
111119_151636.jpg
横倒しになっているビル。
そのままでした。

111119_151224.jpg
右手奥に見える3階建ての女川町立病院。
あんな高台にあるのに、1階まで津波が押し寄せ、その1階で亡くなった方もたくさんいるようです。

女川では写真を撮っている人たちをたくさん見かけました。
観光でしょうか。
他県ナンバーが目立ちました。
私たちも、他県の宇都宮ナンバーの車でした。
雨が強かったのですが、窓を開けました。
いつもの女川の海の香りじゃありませんでした。
鉄くさいというか、ガレキの臭いなんでしょうか、あまり良い臭いではありませんでした。

3歳の娘は、「ツマミでなくなっちゃったねー。」(ツナミと言えず、ツマミと言います。)
と、それなりには理解しているようです。

息子は初めての石巻になりました。
震災前の石巻を知らない息子。
これから大きくなるにつれ、いろいろ教えてたいです。

石巻の内陸部は震災前の生活にもどりつつあります。
けれど、沿岸部に近づくにつれ、津波の影響を色濃く残しています。
結局は、県が国が方針を決めてくれないとどうにもなりません。
慎重に方針を決めてもらいたいです。

スポンサーサイト
22:15 石巻とか、宮城 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。